ダイエットしようと努力する女性

あなたもダイエット依存症?

依存症と聞くと薬やタバコを思い浮かべますが、実は「ダイエット依存症」なんてものが存在するんです。「あー痩せたいなー」なんて思っているあなたも、実はダイエット依存症に陥っているかもしれません。

晩御飯を工夫するダイエット方法

ダイエットするために鍵となるのは、晩御飯の工夫することです。
日本人は基本的に1日3食摂りますが、最も太りやすいのは晩御飯なのです。
ご飯を食べてあとは寝るだけという状況では、必要最低限のカロリーがあれば問題ありません。
それにも関わらず、ほとんどの方は晩御飯のカロリーが一番高いのです。
これでは太ってしまうのは当然だと言えるでしょう。
巷には沢山の減量法がありますが、ダイエットの経験者ほど食事制限が一番大切だと言います。
運動をすれば体重は落ちますが、体重を増やす要因となるのは食事しかないからです。

ただし、食事制限はやり方を間違うと逆効果となります。
最も注意するべきことは、無理をして食事制限しないことです。
食べるのを我慢すればカロリーが減るので体重は減りますが、食事制限のみのダイエットは1ヶ月続けることすら困難です。
ダイエットは最短でも3ヶ月はかける必要があると言われており、これは体重を落としつつ体質も変えていくからです。
体質変化が追いつかないようなダイエットは、かなりの確率でリバウンドします。
リバウンドすると体重が元に戻るだけでなく、以前よりも太ってしまうことが多いのです。
痩身体質を手に入れるためには、食べて痩せる対策が必要となります。
晩御飯のボリュームは減らさずに、カロリーを減らす工夫をしてみましょう。
沢山食べながらカロリーを減らすのが一番なのです。
この方法ならストレスも溜まらないので、失敗率は大幅に低くなります。
失敗してしまう方は、失敗しやすい方法を実践しています。
晩御飯を食べるタイミングは、就寝する2~3時間前が好ましいです。
食べてすぐに眠ると脂肪が付着してしまうので、時間をおいてから眠りましょう。